HOME > トピックス > レジ袋収益金寄付

トピックス

レジ袋収益金寄付

2019.07.11

大垣市に寄付

寄付金を安藤部長に手渡す玉井専務
寄付金を安藤部長に手渡す玉井専務

 6月26日、大垣市内のファーマーズマーケット3カ所で集まったレジ袋収益金を同市に寄付しました。
 地球温暖化防止対策の一環として、2008年からファーマーズマーケット全店舗でレジ袋を有料化し、販売した収益金(1枚当たり5円)を店舗所在地の市町村へ寄付しています。こうした活動を継続することで、マイバック等利用率は90%を超え、環境負荷軽減に繋がっています。
 この日は、玉井寛之代表理事専務ら4人が、大垣市役所を訪問し、収益金10万6570円を同市生活環境部安藤亨部長に手渡ししました。
 玉井専務は「地域貢献に役立ててほしい」と話し、安藤部長は「環境保全に役立てたい」と話しました。