HOME > トピックス > 野菜たっぷり味ごはんをテーマに料理コンテスト

トピックス

野菜たっぷり味ごはんをテーマに料理コンテスト

2019.12.12

大垣桜高校の玉腰さん最優秀賞

最優秀賞を受賞した野菜たっぷり味彩ご飯を手に笑顔を見せる玉腰さん
最優秀賞を受賞した野菜たっぷり味彩ご飯を手に笑顔を見せる玉腰さん

 にしみの主催の「地産地消アイデア料理コンテスト」が15日、大垣市の西部研修センターで開かれ、大垣桜高校3年の玉腰真希さんが考案した「野菜たっぷり味彩(あじさい)ご飯」が最優秀賞に輝きました。 
 コンテストは地元農産物の消費拡大を目的に開いているもので、今年で5回目。今年は米の消費拡大を目的とした「野菜たっぷり味ごはん」をテーマに84通の応募があり、書類審査を通過した6組が料理の腕を競う最終審査に臨みました。
 玉腰さんは、トマトや小松菜、ナス、エダマメなどにしみの産の野菜をたっぷり使い、料理の彩りを意識した洋風まぜご飯に仕上げました。
 特別審査員を務めた料理研究家の宮本和秀さんは「味や見た目に加え、炊飯器に湯むきしたトマトを丸ごと入れたアイデアも良かった」と高く評価しました。
 玉腰さんは「緊張したが、楽しく調理できた。一生懸命レシピを考えたので、アイデアを評価されてうれしい」と笑顔を見せていました。
 今後、コンテストに参加した6組のレシピをホームページに掲載するほか、JA主催のイベントなどで提供し米の消費拡大につなげていきます。
 コンテストの結果は次の通りです。最優秀賞=玉腰真希さん(大垣桜高校3年)、優秀賞=高木友菜さん(大垣養老高校2年)、細尾梨々花さん(大垣養老高校2年)、優良賞=笹原一加さん(大垣桜高校1年)、牧野和さん(大垣桜高校3年)、JA女性部ミニグループ「さわやか」