HOME > トピックス > 学校給食用牛乳の消費拡大に貢献

トピックス

学校給食用牛乳の消費拡大に貢献

2020.03.18

休校影響の酪農応援

牛乳を配布する職員
牛乳を配布する職員

 新型コロナウイルス感染症の拡大による臨時休校で行き場を失った学校給食用の牛乳の消費拡大に貢献しようと、美濃酪農農業協同組合連合会の飲用乳を買い取っています。職員に呼びかけ3月3日から買い取りを開始し、3月末までに約2500本(1本=1g)の買い取りを予定しています。
 同連合会では、県内学校給食向け牛乳の半数以上を供給しています。臨時休校が決まってからは、余った生乳をバターなど加工用に出荷しているが、価格は、飲用乳に比べて安く、酪農家への影響が懸念されていました。そこで、にしみのでは買い取りを行い、支援することとしました。
 管内の区域ごとで取りまとめを行い週2回同連合会より買い取りをしています。
 小林徹組合長は「新型コロナウイルス感染症は、農業分野にも大きな影響を与えている。生産者のためにも助け合ってこの状況を乗り越えていきたい」と話しました。