HOME > トピックス > 一般医療用のマスク3000枚を寄付

トピックス

一般医療用のマスク3000枚を寄付

2020.05.22

地元医療機関の不安解消へ

西脇院長(左から2人目)に目録を手渡す小林組合長ら関係者
西脇院長(左から2人目)に目録を手渡す小林組合長ら関係者

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で医療現場の装備品が不足する中、地元の病院を支援するため、18日養老町のJA岐阜厚生連「西美濃厚生病院」に一般医療用のマスク3000枚を寄贈しました。医療現場の不安解消につなげ、地域医療の維持を図ります。
 同日の寄贈式で、小林徹組合長が同病院の西脇伸二院長に目録を手渡ししました。
 小林組合長は「医療現場のひっ迫している現状を聞き、いち早くマスクを届けたいと思った。医療従事者、地域を守ってほしい」と話しました。 
 西脇院長は「マスクの着用が一番の感染予防策。組合員、地域住民を守るために活用したい」と感謝の言葉を述べました。
 寄贈したマスクは、国産の高機能不織布3層フィルター構造。にしみのが取引業者を介して手配しました。